ダイワハウススペシャル ブラジルで響け!沖縄の歌声 BEGINが果たした約束、熱狂6,500人ライブ

ダイワハウススペシャル ブラジルで響け!沖縄の歌声 BEGINが果たした約束、熱狂6,500人ライブ

お知らせ

  • 最新情報追加!
    2015年3月29日(日)よる9:00~ 「BEGINの音色旅団 デビュー25年目の真実」放送します。
    音楽の原点を求めてBEGINに1年間カメラが密着!
    "なぜ彼らは、「果てしない共感を得るのか… そして、なぜ彼らは歌い続けるのか…そんな“3人の色”を求めて、カメラは1年間密着しました。「あなたの知らないBEGIN」に出逢える1時間です。"

番組概要

沖縄出身のバンド・ビギン、彼らの魅力は心地よいメロディーと詩情豊かな歌詞にある。
そんな彼らがどうしても行きたかったのが、かつて沖縄から多くの移民が渡ったブラジル。 3年来の夢が叶いブラジル・サンパウロでコンサートを行う事になった。
沖縄からブラジルに渡った移民一世を訪ね、先達の今も“祖国・沖縄”を愛する気持ちを知り、ビギンの3人は思いを歌に託して届ける。
大成功のうちに終わった公演の模様と、彼らのブラジルの旅をお届けする。

今や日本を代表するバンドの1つとなったBEGIN。
沖縄出身の3人が、どうしても行ってみたかった場所があるという。それは、かつて日本から多くの移民が渡ったブラジル。移民の中には沖縄出身者が少なくなかった。
BEGINは異国へ渡った同胞の足跡をたどりたいと思ったのだ。3年前、ブラジルで行われた沖縄移民100周年の記念式典に招待されたものの行くことができなかった3人。約束を果たすため、今回、ブラジルでのコンサートが企画された。

飛行機を乗り継いで約33時間、日本からは地球の反対側にあるブラジル。オリンピックとFIFAワールドカップを控え、経済発展も目覚ましい。首都・サンパウロには東洋人街があり、昔は多くの日本人が暮らしたという。今も残るその町は日本と見間違うような佇まいで、日系人を中心に、人々がショッピングや食事に集う。

BEGINが行ってみたかったブラジル日本移民史料館には、移民の生活の様子が展示されている。異国の言葉、慣れない気候や風習に、数年で祖国に帰る移民が多発する中、それでもブラジルに留まって、必死で開墾を続ける人々がいた。

「辛苦を味わった先達と、その子孫の方々に自分たちの音楽を伝えたい」―。

地球の反対側、ブラジルにやってきたBEGINが見たものは、同胞・沖縄移民のたくましい生き方と、絆(きずな)の強さ。夢を信じて上京し、苦難の末につかんだ栄光は、ブラジルに渡って成功した人々と共通するものがあったのだ。

11月12日、サンパウロ市のアニェンビー・パビリオンでライブを行なったBEGIN。初めてのブラジル公演には、実に6,500人もの観衆が訪れ、割れんばかりの大歓声に包まれた。

移民をテーマにした「パナマ帽をかぶって」、笠戸丸と共にやってきた百年を超す三線で奏でた「昔美しゃ今美しゃ(むかしかいしゃいまかいしゃ)」、名曲「涙そうそう(なだそうそう)」「三線の花」「島人ぬ宝」など、BEGINの歌声がブラジルに響き渡った。終演後、会場を出る人たちは待ちわびた彼らのステージに満面の笑顔に溢れていた。

遠いブラジルの地で、彼らの約束は果たされ、響き渡った歌声。沖縄人であることの誇りと、絆(きずな)の強さを改めて感じる旅となった。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ