フィギュアグランプリファイナル2011 世界一決定戦

フィギュアグランプリファイナル2011 世界一決定戦

  • トップページ
  • GPファイナル出場選手
  • contents4
  • contents4

番組概要

フィギュアスケート界において、オリンピック、世界選手権と並ぶ三大大会の1つ、世界一決定戦「グランプリシリーズ/ファイナル」。世界一を決めるこの「グランプリファイナル」に出場できるのは、アメリカ、カナダ、中国、日本、フランス、ロシアの世界6各国を転戦する「グランプリシリーズ」を勝ち抜いた上位6名のみ。各大会での獲得ポイントでグランプリファイナル出場が決まる。
「氷上サバイバル 世界一決定戦」グランプリシリーズ2011。
その激しくも美しい戦いを制して世界一の栄冠を手にするのは誰なのか!?

大会みどころ

【グランプリファイナル】


高橋大輔と羽生結弦が参戦!
日本初のGPファイナル制覇なるか!?

今シーズン4戦目の日本大会では、ショートで世界歴代3位というスコアを残した高橋大輔。表現力に磨きをかけ、高いスケーティング技術で高得点を獲得してきた高橋だが、シリーズでは2戦とも4回転ジャンプを決めることはできなかった。ファイナルの舞台では4回転を決め、初のファイナル制覇を狙う!一方、最終戦のロシア大会で2位の選手と0.03という僅差で優勝し、初のファイナル出場を決めた羽生結弦。東日本大震災での被災を経験した16歳は、その想いをリンクの上で表現したいと語る。初のファイナルの舞台では、得意の4回転を武器に表彰台を狙う!
そんな二人の前に立ちはだかるのは、世界王者のパトリック・チャン。シリーズでも2連勝し、他を寄せ付けない強さを見せつけてきた。ファイナルの舞台でも、安定感のある4回転と世界一と言われるスケーティング技術を武器に連覇を狙う!

好調の鈴木明子が3大会連続のGPファイナル出場!
自己最高の3位という成績を上回ることができるのか!?

日本大会ではノーミスの演技で自己ベストを更新して優勝した好調の鈴木明子。三大会連続出場となる今大会で、自己最高のファイナル3位という成績を上回り、表彰台の一番上を狙う!
海外のライバルたちの演技からも目が離せない。特に注目なのは、浅田真央・キムヨナすら成しえなかったシリーズ初出場、初優勝という快挙を成し遂げたロシアの14歳エリザベータ・トゥクタミシェワ。初戦の勢いそのままに、シリーズ2戦目でも昨年のファイナル女王のアリッサ・シズニーらを抑え2連勝を果たした。果たしてロシアの天才少女は、シリーズ初出場でファイナルまで3連勝という前人未到の快挙を果たすことができるのか!?

世界フィギュアスケート国別対抗戦2012 チケットはこちら

テレビ朝日 フィギュアスケートグランプリシリーズ2011

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継