向田邦子が、教えてくれること ~山口智子と考える“絆”~

向田邦子が、教えてくれること ~山口智子と考える“絆”~

番組概要

~向田邦子が生きていたら、今の日本に何を想うだろう~

向田邦子がこだわり続けた“家族”。
女優・山口智子が、かつて演じた向田邦子の足跡を辿る旅。
作品の朗読を交えながら、向田の「伝えたいこと」を探る。
そして、その旅は山口智子の自分自身への問いにもなる。

没後30年、今なお輝き続ける人がいる。それは、小説家であり、脚本家でもある向田邦子(1929~1981)だ。未曾有の大震災により、絆(きずな)や家族の大切さ、そして孤独と共生について人々が考え始めた今、注目を集めている。

彼女は生前、「う」と記した引き出しに、お気に入りの「うまいもの」のしおりを入れていたという。全国の名店の漬物や菓子がそろう中に、福島県いわき市・丸市屋の貝焼があった。しかしこの貝焼は、今年は販売されなかった。震災でウニが入手できなかったためだ。荒れた海、破壊された町、断たれたきずな、失われた家族―。今、向田が現状を知ったら、何を伝え、何をしただろう。

災害に見舞われた2011年を経て、新たなスタートとなる2012年の年始。向田邦子に縁のある土地や人々を訪ね、作品の朗読を織り交ぜながら、日本人の原点と、人が生きる意味を考える。向田邦子を探る旅に出るのは、かつて彼女を演じたことのある女優・山口智子。生前に叶わなかった向田との再会を、ゆかりの地を巡る旅で果たすことになる。

2004年、生誕80年を記念して企画されたドラマ「向田邦子の恋文」で、 向田邦子本人に扮(ふん)し、家族への思い、父への思い、そして秘められた恋を情感豊かに演じた女優・山口智子。山口は今まさに、向田が必死に生きた40代後半にさしかかろうとしている。向田が書き続けた「家族」の形、そして生き方は、今の山口にはどう映るのだろうか。向田が生まれ、多くの時を過ごした東京と、多感な少女時代を過ごし、「故郷もどき」と表現した鹿児島を中心に、ゆかりの地と人々を訪ねる。

1981年、飛行機事故により51才の若さで生涯を終えた脚本家・小説家、向田邦子。その突然の死から30年が過ぎてもなお、生前の活動を知らない学生やOLたちにまで愛されている。そんな向田の足跡をたどる旅の始まりは、東京・青山。山口が輝ける青春時代を過ごした場所だ。当時の思い出を振り返りつつ訪れたのは、ある小さな書店。都会を象徴するような華やかな表参道の交差点に佇む、創業120年の山陽堂書店だ。かつてここには、向田が足しげく通っていたという。向田の残り香を追う。

激動の2011年が終わり、新たな歩みが始まろうとしている。向田が生きたのは、戦前・戦中・戦後、そして復興と経済発展の時代。これから再び日本が歩まなくてはならない時代と重なる。もし彼女が生きていたのなら、私たちに何を伝えるのだろう。家族を愛し、凛(りん)とした生きざまと作品は、われわれに多くのことを教えてくれる。

今、もう一度。作家・向田邦子が生き、愛した、美しい日本を考えてみたい。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継