韓流モーニング 「帝王の娘 スベクヒャン」

韓流モーニング 「帝王の娘 スベクヒャン」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 掲示板
  • 関連商品
  • 韓ドラの箱

お知らせ

放送は終了しました。ご覧いただきありがとうございました。

番組概要

帝王の娘・スベクヒャンの座を巡り、異父姉妹の運命が交錯する―。三国時代を舞台に繰り広げられる、切ない愛の結末とは…。「善徳女王」「トンイ」に続く、絢爛(けんらん)豪華な大型ロマンス時代劇!

帝王の娘 スベクヒャン時は、6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王 東城(トンソン)王の治世末期―。加林(カリム)城の城主、ペク・カの娘チェファは、王のいとこにあたるユンと密かに情を通じ、彼の子を身ごもっていた。しかし、ユンは戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。
そんな中、戦地から帰ったユンは、もし娘ができていたら「百済を守る花」という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。
そのころ、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのでは、と考えを巡らしていた。さらに、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされたペク・カは、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたように見えたが、心では敬愛していたユンはこれに激怒し、ペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを、家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、チェファはそこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付けた。
一方で、ユンは第25代王・武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ているといわれる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、王位につけようとたくらんでいた。
時は立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。こうして激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語が始まった…。
韓国では、2013年から放送がスタート。主人公のソルラン(スベクヒャン)役には、本作が初主演となる、ソ・ヒョンジン。王女の座を狙うソルランの異父妹・ソルヒ役には「瑠璃<ガラス>の仮面」のソウ。ソルランに恋心を抱く太子 ミョンノン役を、チョ・ヒョンジェが務める。三国時代を舞台に繰り広げられる、愛と愛憎渦巻く絢爛(けんらん)豪華な大型ロマンス時代劇。果たしてソルランは、百済を守る花「スベクヒャン」となりえるのか? そして、からみ合う人間関係の行方は?

【話数】全72話/字幕スーパー
【演出】イ・サンヨプ、チェ・ジュンベ
【脚本】ファン・ジニョン

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ