フェルメール・光の王国~芸術と科学が出会うとき~

フェルメール・光の王国~芸術と科学が出会うとき~

番組概要

画家・ヨハネス・フェルメールに魅了された分子生物学者・福岡伸一の夢は、全作品を最新技術によって再創造し、制作年順に追体験できる空間を作り、さらにフェルメールに“音”を与えること=“re-create”。夢をカタチにするために、音楽家・久石譲をはじめ、各界のプロフェッショナルが集結し、この前代未聞の試みに挑む。

17世紀にオランダで活躍したヨハネス・フェルメールは、残した作品が少ないながら、世界中で人気のある画家。そんなフェルメールに魅了された男がいる。
分子生物学者・福岡伸一だ。およそ4年にわたって全世界のフェルメール作品を探訪した福岡は、ある1つの思いにたどりついた。

「全作品を制作年順に追体験することなしには、フェルメールを本当に理解することはできない。
もしそんな夢の空間が作れるのなら、どんなにすばらしいことか。そして、できることならば、フェルメールに音を与えてみたい―」。

みどころ

2012年7月28日(土)午後1:00~2:30放送

画家・ヨハネス・フェルメールに魅了された分子生物学者・福岡伸一が、夢の構想をカタチにするために考えたアプローチが、“re-create”。フェルメールの世界観・生命観を最新のデジタル画像技術によって再現し、約350年前に描いたであろう色とコントラスト、細部の表現、光の意図を解釈しなおす。この前代未聞の試みに挑むため、美術界の各分野を代表する面々が集結した。

また、福岡にはもう1つ大きな構想があった。
それは「フェルメールに音を与える」こと。彼が指名したのは、日本が世界に誇る音楽家・久石譲。
久石はフェルメールに音を与えることができるのか。
そして、それはどういう意味を持つのだろうか。

詳細はこちら

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継